主軸回転数の求め方

主軸回転数計算式
主軸回転速度計算式

主軸回転数の求めるには、加工に使う工具の切削速度と加工に使う工具径が必要です。
(切削速度はカタログやケースなどに書いてあります)

n=Vc÷D÷π×1000
n (min-1) 主軸回転数
Vc (m/min) 切削速度(周速)
D (mm) 工具径
π (3.14) 円周率
1000 (mm) mをmm表示にする定数

切削速度(周速)÷工具径÷3.14×1000=主軸回転数


Φ80のフェイスミルを使って切削速度(周速)150m/minで加工をするときの主軸回転数は
150÷80÷3.14×1000=597
597min-1

主軸回転数を求める簡単計算の場合
切削速度(周速)÷工具径×318.5=主軸回転数
150÷80×318.5=597
597min-1

切削速度(周速)の求め方

切削速度(周速)計算式
切削速度(周速)計算式

加工をしているときの切削速度を求めるには、主軸回転数と加工に使っている工具径が必要です。

Vc=D×π×n÷1000
Vc (m/min) 切削速度(周速)
D (mm) 工具径
π (3.14) 円周率
n (min-1) 主軸回転数
1000 (mm) mmをm表示にする定数

工具径x3.14x主軸回転数÷1000=切削速度(周速)


Φ80のフェイスミルを使って主軸回転数600min-1で加工をしているときの切削速度(周速)は
80×3.14×600÷1000=150.72
150.72m/min

切削速度(周速)を求める簡単計算の場合
工具径x主軸回転数÷318.5=切削速度(周速)
80×600÷318.5=150.7
150.7m/min

送り速度の求め方

送り速度計算式

センターツール・ドリルなど

(1回転当たりの送り量)
センターツール・ドリル送り速度計算式2

センターツール・ドリルなどの送り速度を求めるには、主軸回転数と加工に使う工具の1回転当たりの送り量が必要です。
(1回転当たりの送り量はカタログやケースなどに書いてあります)

vf=fr×n
vf (mm/min) 送り速度
n (min-1) 主軸回転数
fr (mm) 1回転当たりの送り量

主軸回転数x1回転当たりの送り量=送り速度


Φ6.0のドリルを使って主軸回転数1000min-1、1回転当たりの送り量0.1mmで穴加工をするときの送り速度は
1000×0.1=100
100mm/min

フェイスミル・エンドミルなど

(1刃当たりの送り量x刃数)
フェイスミル・エンドミル送り速度計算式

フェイスミル・エンドミルなどの送り速度を求めるには、主軸回転数と加工に使う工具の1刃当たりの送り量と加工に使う工具の刃数が必要です。
(1刃当たりの送り量はカタログやケースなどに書いてあります)

vf=fr×n
vf (mm/min) 送り速度
n (min-1) 主軸回転数
fz (mm) 1刃当たりの送り量
z (刃) 加工工具の刃数

主軸回転数x1刃当たりの送り量x加工工具の刃数=送り速度

Φ80(4枚刃)のフェイスミルを使って主軸回転数600min-1で加工をするときの送り速度は
600×0.1×4=240
240mm/min

タップ

タップピッチ
タップ送り速度計算式
タップの送り速度を求めるには、主軸回転数と加工に使う工具のピッチが必要です。

vf=fr×n
vf (mm/min) 送り速度
n (min-1) 主軸回転数
P (mm) タップピッチ

主軸回転数xタップピッチ=送り速度

M6(並目)のタップを使って主軸回転数300min-1で加工をするときの送り速度は
300×1=300
300mm/min

ドリル加工深さの求め方

ドリル肩寸法計算式

工具径x0.3=ドリル肩寸法

Φ10.0のドリルを使って穴加工をするとき図面寸法にドリルの肩寸法
10.0×0.3=3
3mmをプラスして加工。
図面寸法が穴加工深さ20mmの場合、ドリルの先端から23mmで加工。

円周上穴位置計算

円周上X方向穴位置計算式

半径xcos角度=X
Y÷tan角度=X


PCD100の円周上20度の位置に穴加工をするときのXの位置は

50xcos20=46.985
Y÷tan20=46.985
フライス穴位置計算サンプル

円周上Y方向穴位置計算式

半径xsin角度=Y
Xxtan角度=Y


PCD100の円周上20度の位置に穴加工をするときのYの位置は

50xsin20=17.101
Xxtan20=17.101