3Dプリンターでプリントした上面をきれいに仕上げるアイロニングの設定を紹介します。

使用した3dプリンターはOriginal Prusa i3 MK3Sです。

アイロン機能を設定することで、平らな上面を滑らかにすることができます。
アイロニング機能はPrusaSlicerバージョン2.3から利用可能です。

アイロニングは、平面、斜面、曲面など、どの面にも設定できますが効果が大きいのは平面になります。

アイロニングの設定

アイロニングの設定をするには緑枠部Advanced高度を選択します。
簡易設定ではアイロニング設定をすることができません。

prusaスライサーで高度設定を選択

Advancedを選択して
緑枠部のプリント設定を選択して
橙枠部のインフィルを選択すると
青枠部にアイロニング設定が表示されます。

Advancedを選択した場合、Ironing Typeを選択することができます。

prusaスライサーでアイロニングをAll Advancedで設定2

高度を選択して
緑枠部のプリント設定を選択して
橙枠部のインフィルを選択すると
青枠部にアイロニング設定が表示されます。

高度を選択した場合、Ironing Typeを選択することができ、flow rate、Spacing between ironing passesの設定をすることができます。

prusaスライサーでアイロニングを高度で設定

  • Ironing Type
    アイロニングをする面の設定で、プリント時間、フィラメント使用量が変わります。
  • Flow rate
    通常のレイヤーの高さに対する流量のパーセントで、フィラメント使用量が変わります。
  • Spacing between ironing passes
    軸が移動するピッチで、プリント時間、フィラメント使用量が変わります。

アイロニングタイプ

アイロニングのタイプは

  • All top surfaces
  • Topmost surfaces only
  • All solid surfaces

3種類あります。

prusaスライサーのアイロニングタイプ

アイロニングをする面の設定で、プリント時間、フィラメント使用量がかわります。

All top surfaces

All top surfacesを選択してプリントすると
すべてのプリント最上面にアイロニングをします。

prusaスライサーでアイロニングをall top surfaces

アイロニングなしのシミュレーションです。

prusaスライサーでアイロニングなしの設定

All top surfacesのシミュレーションです。
露出している上面すべてがアイロニングされています。

prusaスライサーでall top surfaces設定シミュレーション

アイロニングなしの場合のプリント時間が10分で

prusaスライサーのアイロニングなしのプリント時間

All top surfacesを選択してプリントするとプリント時間が15分になりました。

prusaスライサーのall top surfacesのプリント時間2

Topmost surfaces only

Topmost surfaces onlyを選択してプリントすると
最上面のみにアイロニングをします。

prusaスライサーでアイロニングをTopmost surface only

アイロニングなしのシミュレーションです。

prusaスライサーでアイロニングなしの設定

Topmost surfaces onlyのシミュレーションです。
最上面にアイロニングをします。

prusaスライサーでTopmost surfaces only設定シミュレーション

アイロニングなしの場合のプリント時間が10分で

prusaスライサーのアイロニングなしのプリント時間

Topmost surfaces onlyを選択してプリントするとプリント時間が12分になりました。

prusaスライサーのTopmost surface onlyのプリント時間

All solid surfaces

All solid surfacesは現在実験段階みたいで正しく機能していません。
All solid surfacesで設定をしてプリントするとAll top surfacesと同じようにプリントされます。

prusaスライサーでアイロニングをAll solid surfaces

All solid surfacesのシミュレーションです。
prusaスライサーでAll solid surfaces設定シミュレーション

All solid surfacesを選択してプリントするとプリント時間はAll top surfacesと同じ15分になりました。

prusaスライサーのAll solid surfacesのプリント時間

Flow rate

通常のレイヤーの高さに対する流量の設定で、パーセントでフィラメント使用量が変わります。

特に交差する形状の上面が汚くなるので、交差する形状を実際にプリントしてマイクロスコープで比較してみます。

プリントする形状です。

prusaスライサーのアイロニングテストのシミュレーション

アイロニングなしで交差すると、このように汚くなります。

3dプリンタでアイロニングなしの拡大画面

使用したマイクロスコープはこちらです。


15%

初期設定でプリントしました。
Flow rateは15%です。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    15%
  • Spacing between ironing passes
    0.1mm

3dプリンタ アイロニング初期設定画面

機能タイプ 時間 %
外周 1m 12.8%
最外周 2m 20.9%
内部のインフィル 6s 1.2%
ソリッドインフィル 2m 24.5%
トップソリッド
インフィル
4s 0.7%
ironing 3m 33.5%
ギャップフィル 21s 3.9%
予測プリント時間 9m

3dプリンタ アイロニング初期設定

アイロニングなしの画像です。

3dプリンタでアイロニングなしの画像

アイロニング初期設定の画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの画像

アイロニングなしの拡大画像です。

3dプリンタでアイロニングなしの拡大画面

アイロニング初期設定の拡大画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの拡大画面

プリント時間は9分で
使用フィラメントは0.9gです。

prusaスライサーのアイロニングテストのシミュレーション2

5%

初期設定から10%減らしてプリントしました。
Flow rateは5%です。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    5%
  • Spacing between ironing passes
    0.1mm

3dプリンタでアイロニング5%に設定

機能タイプ 時間 %
外周 1m 12.8%
最外周 2m 20.9%
内部のインフィル 6s 1.2%
ソリッドインフィル 2m 24.5%
トップソリッド
インフィル
4s 0.7%
ironing 3m 33.5%
ギャップフィル 21s 3.9%
予測プリント時間 9m

3dプリンターアイロニングFlow rate5%

Flow rate15%(初期設定)の画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの画像

Flow rate5%の拡大画像です。

3dプリンタでアイロニング5%の画像

Flow rate15%(初期設定)の拡大画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの拡大画面

Flow rate5%の拡大画像です。

3dプリンターアイロニングFlow rate5%の拡大画像

プリント時間は9分で
使用フィラメントは0.89gです。

prusaスライサーのアイロニングテストのシミュレーション5%

25%

初期設定から10%増やしてプリントしました。
Flow rateは25%です。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    25%
  • Spacing between ironing passes
    0.1mm

3dプリンタでアイロニング25%に設定

機能タイプ 時間 %
外周 1m 12.8%
最外周 2m 20.9%
内部のインフィル 6s 1.2%
ソリッドインフィル 2m 24.5%
トップソリッド
インフィル
4s 0.7%
ironing 3m 33.5%
ギャップフィル 21s 3.9%
予測プリント時間 9m

3dプリンターアイロニングFlow rate25%

Flow rate15%(初期設定)の画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの画像

Flow rate25%の拡大画像です。

3dプリンタでアイロニング25%の画像

Flow rate15%(初期設定)の拡大画像です。

3dプリンタで初期設定アイロニングの拡大画面

Flow rate25%の拡大画像です。
3dプリンターアイロニングFlow rate25%の拡大画像

プリント時間は9分で
使用フィラメントは0.9gです。

prusaスライサーのアイロニングテストのシミュレーション25%

拡大画像比較

拡大比較画像です。
Flow rateは見た目では変化が分かりにくいですが数値を多くすると膨む傾向になります。

3dプリンターアイロニングFlow rate1%から50%

こちらは四角い形状ですが同じように数値を多くすると膨む傾向になります。

3dプリンターアイロニングFlow rateの拡大比較

写真では分かりにくいですが、数値を多くするとインフィルの形状が表面に浮き出ます。

3dプリンターアイロニングFlow rate1%と50%の比較

Spacing between ironing passes

軸が移動するピッチの設定で、プリント時間、フィラメント使用量が変わります。

ピッチの違いが分かりやすいように四角い形状を実際にプリントしてマイクロスコープで比較してみます。

プリントする形状です。

3dプリンターアイロニングSpacing between ironing passes0

アイロニングなしでプリントするとピッチ間が広く粗い面になります。

アイロニングなしの拡大画像

使用したマイクロスコープはこちらです。


0.1mm

初期設定でプリントしました。
Spacing between ironing passesは0.1mmです。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    15%
  • Spacing between ironing passes
    0.1mm

3dプリンタ アイロニング初期設定画面

機能タイプ 時間 %
外周 35s 5.9%
最外周 51s 8.5%
内部のインフィル 52s 8.7%
ソリッドインフィル 2m 23.9%
トップソリッド
インフィル
23s 3.9%
ironing 4m 42.4%
ブリッジインフィル 27s 4.6%
予測プリント時間 10m

3dプリンターアイロニングピッチ0.1mmのシミュレーション

0.1mmでプリントした拡大画像です。

Spacing between ironing passes0.1mm拡大画像

プリント時間は10分で
使用フィラメントは1.16gです。

Spacing between ironing passes0.1%シミュレーション

0.2mm

Spacing between ironing passesを0.2mmに変更してプリントしました。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    15%
  • Spacing between ironing passes
    0.2mm

3dプリンタでアイロニングピッチを0.2mmに設定

機能タイプ 時間 %
外周 35s 7.5%
最外周 51s 10.8%
内部のインフィル 52s 11.1%
ソリッドインフィル 2m 30.4%
トップソリッド
インフィル
23s 4.9%
ironing 2m 26.8%
ブリッジインフィル 27s 5.8%
予測プリント時間 8m

Spacing between ironing passes0.2%シミュレーション

0.2mmでプリントした拡大画像です。

Spacing between ironing passes0.2mm拡大画像

プリント時間は8分で
使用フィラメントは1.16gです。

3dプリンターアイロニングピッチ0.2mmのシミュレーション

0.3mm

Spacing between ironing passesを0.3mmに変更してプリントしました。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    15%
  • Spacing between ironing passes
    0.3mm

3dプリンタでアイロニングピッチを0.3mmに設定

機能タイプ 時間 %
外周 35s 8.2%
最外周 51s 11.8%
内部のインフィル 52s 12.2%
ソリッドインフィル 2m 33.4%
トップソリッド
インフィル
23s 5.4%
ironing 2m 19.5%
ブリッジインフィル 27s 6.4%
予測プリント時間 7m

Spacing between ironing passes0.3mmシミュレーション

0.3mmでプリントした拡大画像です。

Spacing between ironing passes0.3mm拡大画像

プリント時間は7分で
使用フィラメントは1.16gです。

3dプリンターアイロニングピッチ0.3mmのシミュレーション

0.6mm

Spacing between ironing passesを0.6mmに変更してプリントしました。

  • Enable ironing
    チェックを入れる
  • Ironing Type
    All top surfacesを選択
  • Flow rate
    15%
  • Spacing between ironing passes
    0.6mm

3dプリンタでアイロニングピッチを0.6mmに設定

機能タイプ 時間 %
外周 35s 9.1%
最外周 51s 13.1%
内部のインフィル 52s 13.5%
ソリッドインフィル 2m 37.0%
トップソリッド
インフィル
23s 6.0%
ironing 42s 10.8%
ブリッジインフィル 27s 7.1%
予測プリント時間 7m

Spacing between ironing passes0.6mmシミュレーション

0.6mmでプリントした拡大画像です。

Spacing between ironing passes0.6mm拡大画像

プリント時間は7分で
使用フィラメントは1.16gです。

3dプリンターアイロニングピッチ0.6mmのシミュレーション

拡大画像比較

拡大比較画像です。
Spacing between ironing passesは拡大画像で見ると変化が分かりやすいですが、見た目では拡大画像で見るほどの違いが分かりにくいです。

3dプリンターアイロニングピッチの拡大比較

Spacing between ironing passesを0.6mmで
flow rateを1%と50%でプリントしか拡大画像です。

1%は初期設定の15%よりも高さが低くなり
50%は爪が少し引っかかるくらいの高さになりました。

3dプリンターアイロニング1%と50%比較

最後に

flow rateとSpacing between ironing passesでたくさんの組み合わせができてしまいます。
flow rateはプリント時間に影響するので、仕上がりとプリント時間を意識して設定した方が良さそうです。

flow rateは、ノズル径よりも小さく設定すると説明がありましたが、ノズル径より大きめに設定しても効果はありました。

Spacing between ironing passesは、少なめに設定した方がきれいに仕上がっているように感じます。

形状によっても仕上がりやプリント時間が変わると思うので上手に設定できればと思います。