3D CAD/CAM/CAEのFusion360のスイープコマンドで幅10mmの六角レンチのモデリングの練習作業を紹介します。

XZ平面にポリゴンで六角形のスケッチ、YZ平面に線分とフィレットでパスのスケッチをしました。

六角レンチの作成

幅10mmの六角形×50mm(中心)×150mm(中心)の六角レンチです。

図面のPDFはこちらです。

3DCAD FUSION360 モデリング練習用図面

作業手順は

  • 平面の選択
  • 2Dで六角形の輪郭・六角形のパスのスケッチ
  • スイープを使って3D化

になります。

最後に動画があるので確認してください。

ポリゴンを使って六角形のスケッチ

XZ平面にポリゴンで幅10mmの六角形のスケッチをします。

平面の選択

スケッチを作成とXZ平面を選択します。

3DCAD Fusion360 XZ平面の選択

2Dで六角形のスケッチ

XZ平面を選択したら六角形のスケッチをします。

外接ポリゴンを選択します。

3DCAD Fusion360 ポリゴンスケッチの選択

外接ポリゴンを選択したら原点を選択し、中心からの距離と角の数を入力します。

中心からの距離5と角の数6です。

3DCAD Fusion360 ポリゴンの寸法入力

中心からの距離と角の数を入力したら水平の拘束をします。

水平垂直を選択して
線を選択します。

3DCAD Fusion360 ポリゴンに水平の拘束

水平垂直の拘束をしてスケッチに問題がなければスケッチを終了します。

3DCAD Fusion360 ポリゴン作成後スケッチを終了

線分を使ってパスのスケッチ

YZ平面に線分で50mm×150mmのパスのスケッチをします。

平面の選択

スケッチを作成とYZ平面を選択します。

3DCAD Fusion360 YZ平面の選択

2Dでパスのスケッチ

スイープを使って3D化するのに必要なパスをスケッチします。

下の図面の緑線モデルの中心線がパスになります。

Fusion360 スイープの説明図面

スケッチを作成とYZ平面を選択したらパスをスケッチします。

線分を選択して六角レンチの中心線をスケッチします。

3DCAD Fusion360 線分を選択してスケッチを作成

六角レンチの中心線をスケッチしたら交点にRをつけます。

フィレットを選択して
R形状にする交点を選択します。

3DCAD Fusion360 フィレットを選択して交点を選択

交点を選択したら寸法を入力します。
10です。

3DCAD Fusion360 フィレット寸法を入力

フィレットの寸法を入力したら線のスケッチに寸法を入力します。

スケッチ寸法を選択して
寸法入力するスケッチを選択します。

3DCAD Fusion360 スイープパスに寸法入力

寸法入力するスケッチを選択したら寸法を入力します。
150です。

3DCAD Fusion360 寸法入力確認

残りのスケッチにも寸法を入力したらスケッチを終了します。

3DCAD Fusion360 スケッチの終了2

スイープを使って3D化

六角形のスケッチとパスのスケッチができたらスイープを使って3D化します。

スケッチを終了したら緑枠部のスイープを選択します。

3DCAD Fusion360 スイープコマンド選択

スイープを選択したら
緑枠部のプロファイルを選択して
六角形を選択します。

3DCAD Fusion360 スイープコマンドでプロファイルを選択

プロファイルを選択したら
緑枠部のパスを選択して
線を選択します。

3DCAD Fusion360 スイープコマンドでパスを選択

プロファイルとパスを選択するとモデルが作成されるので問題がなければOKを選択します。

3DCAD Fusion360 スイープ形状の確認

OKを選択したらモデリング作業終了です。
モデルを動かして問題がなければ完成になります。

六画レンチのモデリング完成品

3D CAD Fusion360モデリング動画

今回の六角レンチでモデリングの練習をした動画です。