3D CAD/CAM/CAEのFusion360の穴コマンドの点上(単一穴)スケッチを参照(複数の穴)の使い方を紹介します。

穴コマンドを使って穴のモデリング

通常2Dで輪郭をスケッチして、その輪郭を3D化しますが、穴コマンドを使うことで2Dのスケッチをせず、穴のタイプの選択と寸法入力で、あな穴形状を3D化することができます。

作成できる穴の設定は

  • キリ穴
  • ざぐり穴
  • 皿面取り
  • ねじ穴
  • テーパねじ穴
  • 底面角度

です。

穴コマンドは、ツールバー、作成メニュー、ショートカットから選択することができます。

3DCAD Fusion360の穴コマンドの説明画面

穴コマンドを選択するとメニューが表示されるので必要な情報を入力します。

3DCAD Fusion360の穴コマンドメニュー表示

配置の選択

穴コマンドのメニューにある緑枠部の配置の選択です。

3DCAD Fusion360の穴コマンド配置の選択

左側の点上(単一の穴)を選択すると
モデルにある点を選択、モデルの面上をフリーで選択することができます。
選択できる穴位置は1か所で、1か所穴の形状を作成することができます。

右側のスケッチを参照(複数の穴)を選択すると
モデルにスケッチされた点を選択することができます。
選択できる穴位置は複数で、複数の穴形状を作成することができます。

3DCAD Fusion360の穴コマンドの配置の違い

点上(単一の穴)はスケッチが不要です。

3DCAD Fusion360の穴コマンド単一選択時の穴位置

スケッチを参照(複数の穴)はスケッチが必要です。

3DCAD Fusion360の穴コマンドスケッチを参照選択時の穴位置

スケッチがあるとモデルの円中心や交点の選択ができます。

3DCAD Fusion360の穴コマンドでスケッチがあると円中心や交点の選択可

点上(単一の穴)を使った穴位置設定

点上(単一の穴)を使った穴位置の設定です。

スケッチが不要で、モデルの面や点を選択して穴位置を設定します。
面や点を選択後はモデルの線分からの距離設定やスケッチで作成された点の選択もできます。

緑枠部の点上(単一の穴)を選択します。

3DCAD Fusion360の穴コマンド点上(単一を)選択

点上(単一の穴)を選択したら
表示されている面や点を選択します。
(適当に面を選択しました。)

面や点を選択すると穴が表示されます。

3DCAD Fusion360の穴コマンド面や点を選択すると穴が表示

点を選択すると点の位置に穴設定ができます。
(スケッチで作成した点、モデルの交点など選択できます)

3DCAD Fusion360の穴コマンド点を選択すると穴が点に移動

線を選択すると
線からの距離を設定できます。

3DCAD Fusion360の穴コマンド線を選択すると距離の入力ができる

距離を入力すると
選択した線から入力した距離へ移動します。

3DCAD Fusion360の穴コマンド入力した距離へ移動

もう一か所設定できます。
(45mmから10mmに変更してみます)

3DCAD Fusion360の穴コマンド入力した反対面も距離へ移動

設定した数値は参照に表示されます。

3DCAD Fusion360の穴コマンドの参照に数値が表示

円を選択した場合
円中心へ移動します

3DCAD Fusion360の穴コマンド円を選択すると円へ移動

これで点上(単一の穴)を使った穴位置設定の説明は終わりです。

スケッチを参照(複数の穴)を使った穴位置設定

スケッチを参照(複数の穴)を使った穴位置の設定です。

スケッチが必要で、作成したスケッチの点、交点、円の中心点を選択して穴位置を設定します。
スケッチがないと選択ができませんが、スケッチがある面はモデルの交点、円中心点の選択もできます。

緑枠部のスケッチを参照(複数の穴)を選択します。

3DCAD Fusion360のスケッチを参照(複数の穴)選択

スケッチを参照(複数の穴)を選択してもスケッチがないと穴位置を選択することができません。

3DCAD Fusion360のスケッチを参照(複数の穴)はスケッチがないと選択できない

スケッチがあると
スケッチの点、モデルの交点、モデルの円中心など選択ができます。

3DCAD Fusion360のスケッチを参照(複数の穴)はスケッチがあると点や交点の選択できる

点を選択すると穴が表示され
橙枠部のスケッチ点に選択数が表示されます。

3DCAD Fusion360のスケッチを参照(複数の穴)はスケッチ点に選択数が表示

スケッチを参照(複数の穴)を使った穴位置設定の説明は終わりです。

シェイプの設定

シェイプの設定で穴の形状を設定します。

3DCAD Fusion360の穴コマンドシェイプの設定

範囲で穴の深さを設定します。

  • 距離
  • 終点
  • すべて

から選択します。

3DCAD Fusion360の穴コマンド範囲の設定

穴のタイプで穴の上面を設定します。

  • 単純
  • ざぐり
  • 皿面取り
  • から選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴のタイプの設定

    ねじ穴のタイプで穴の内面を設定します。

    • 単純
    • クリアランス
    • ねじ穴
    • テーパねじ穴

    から選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のタイプの設定

    先端角度で穴の底面を設定します。

    • フラット
    • 角度

    から選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド先端角度の設定

    範囲の設定

    範囲の設定で穴の深さを設定します。

    距離

    距離を選択した場合、深さを入力して深さを設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド範囲の選択

    入力した数値が穴深さになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド距離を20mmに設定

    モデルより深い数値の入力をして貫通もできます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド距離を40mmに設定して貫通

    終点

    終点を選択した場合、点や面など終点を選択して深さを設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド範囲の選択が終点

    横から空いてる穴の点を選択すると

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点で繋ぎ穴の交点を選択

    横から空いてる穴と面一深さになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点で繋ぎ穴の交点を選択した結果

    スケッチの点や

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点でスケッチの点を選択

    ボディの底面を選択できます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点でボディの底面を選択

    面をチェーン

    面をチェーンを選択すると面を選択したときにチェーンされます。

    面をチェーンしないでボディ底面を選択した場合貫通します。
    点線が穴深さになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点で面をチェーンしないでボディの底面を選択

    面をチェーンしてボディ底面を選択した場合貫通しません。
    点線が穴深さになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド終点で面をチェーンしてボディの底面を選択

    すべて

    全てを選択した場合、穴深さの設定はありません。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド範囲の選択がすべて

    平らな面でも

    3DCAD Fusion360の穴コマンド全てを選択

    段付きの面でも貫通します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドで段付きボディで全てを選択

    穴のタイプ

    穴のタイプで穴の上面を設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴のタイプを選択

    単純

    単純を選択すると上面に何もないキリ穴が作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴のタイプ単純

    ざぐり

    ざぐりを選択すると上面にざぐりが作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴のタイプざぐり

    設定する内容は

    • 下穴深さ
    • ざぐり径
    • ざぐり深さ
    • 下穴径

    です。

    皿面取り

    皿面取りを選択すると上面に皿面取りが作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴の皿面取り

    設定する内容は

    • 下穴深さ
    • 皿面取り径
    • 皿面取り角度
    • 下穴径

    です。

    角度は0超え180未満で設定します。

    30度で設定した画像です。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴の面取りを60度に変更

    ねじ穴のタイプ

    ねじ穴のタイプで穴の内面を設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のタイプを選択

    単純

    単純を選択すると内面に何もないキリ穴が作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のタイプ単純

    クリアランス

    クリアランスを選択すると、設定した穴の規格で穴が作成されます。
    穴のタイプの、下穴径、ざぐり径、座ぐり深さ、面取り径などに数値が反映されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスを選択

    標準

    標準で規格を設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスの標準

    • Ansi Metric M Profile
    • Ansi Unified Screw Threads
    • DIN
    • GOST
    • ISO
    • JIS

    から選択します。

    締結タイプ

    締結タイプでねじの種類を選択します。
    単純、ざぐり穴、面取りで選択できるねじの種類が変わります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスの締結タイプ

    サイズ

    サイズでねじのサイズを選択します。
    標準、締結タイプで選択できるねじの種類が変わります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスのサイズ

    フィット

    フィットで下穴のサイズを変更します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスのフィット

    サイズをM10 フィットをCloseで選択した場合
    下穴径が10.5mmになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスのClose

    サイズをM10 フィットをNormalで選択した場合
    下穴径が11.0mmになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスのNormal

    サイズをM10 フィットをLooseで選択した場合
    下穴径が12.0mmになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドクリアランスのLoose

    ねじ穴

    ねじ穴を選択すると、設定したねじの規格で穴が作成されます。
    穴のタイプの、下穴径に数値が反映されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴を選択

    ねじのタイプ

    ねじのタイプでねじのタイプを選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のねじのタイプ

    サイズ

    サイズでねじのサイズを選択します。
    選択したねじのタイプで表示されるタイプが変わります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のサイズ

    表示記号

    表示記号でねじピッチを選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴の表示記号

    クラス

    クラスでねじ等級を選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のクラス

    方向

    方向でねじの方向を選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴の方向

    モデル化

    モデル化にチェックを入れると内面にねじのモデルが作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のモデル化

    モデル化しない場合、ねじの画像は表示されていますが面のままです。
    モデル化した場合、面にねじが作成されます。

    Fusion360でねじのモデル化比較

    テーパねじ穴

    ねじ穴を選択すると、設定したテーパねじの規格で穴が作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドテーパねじを選択

    ねじのタイプ

    ねじのタイプでねじのタイプを選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドテーパねじのねじのタイプ

    サイズ

    サイズでねじのサイズを選択します。
    選択したねじのタイプで表示されるタイプが変わります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドテーパねじのサイズ

    表示記号

    選択する項目がないので設定はそのままになります。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドテーパねじの表示記号

    方向

    方向でねじの方向を選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドテーパねじの方向

    先端角度

    先端角度で穴の底面を設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴の先端角度を選択

    フラット

    フラットを選択すると底面が平らな穴が作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴のフラットを選択

    角度

    角度を選択すると底面の角度設定ができます。
    角度は0超え180未満で設定します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴の角度を選択

    切り取るオブジェクト

    切り取るオブジェクトで穴を作成するオブジェクトを選択します。

    3DCAD Fusion360の穴コマンドねじ穴の切り取るオブジェクトを選択

    画像のように穴をあける位置に複数のボディがあった場合

    切り取り用ボディ

    切り取るオブジェクトに3つのボディが表示されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴の切り取るオブジェクトの確認

    切り取るオブジェクトに表示されたボディにチェックを入れると
    チェックを入れたボディに穴が作成されます。

    3DCAD Fusion360の穴コマンド穴の切り取るオブジェクトの選択

    チェック入れていないボディ1に穴が作成されず
    チェックを入れたボディ2と3に穴が作成されました。

    切り取りボディを選択した結果

    3D CAD Fusion360モデリング動画

    今回の記事と同じモデリングの練習をした動画です。

    最後に

    このページを見ると設定の種類、組み合わせが多く大変そうに感じますが、実際の作業では直感的に操作して作業を進めることができます。

    分からないことができて気になったときに調べる程度で良いかと思います。