3D CAD/CAM/CAEのFusion360でCAMを使った加工のストックの設定を紹介します。

ストックは、実際の加工に使う材料の設定で、
形状に合わせて寸法や、振り分けなどの設定をします。

このページでは円柱形状のストック設定を紹介します。

3D CAD FUSION360円柱形状のストック設定

ストックの設定には

  • 固定サイズボックス
  • 相対サイズボックス
  • 固定サイズの円柱
  • 相対サイズ円柱
  • 固定サイズチューブ
  • 相対サイズチューブ
  • ソリッドから

の7種類があります。

FUSION360 ストックの種類
固定サイズストックとなっていますが、固定サイズボックスの間違いだと思います。

固定サイズ円柱

仕上がり寸法Φ100×20の製品で、
原点の設定はモデルの上面中心にします。

3D CAD FUSION360円のストック設定

緑枠部のストックを選択して
橙枠部のモードを選択します。

3D CAD FUSION360円のストック設定モード選択

モードを選択すると緑枠部にメニューが表示されるので
橙枠部の固定サイズ円柱を選択します。

3D CAD FUSION360円固定サイズの円柱を選択

固定サイズ円柱を選択すると入力項目が表示されるので緑枠部のモデル位置を選択します。

固定サイズの円柱を選択してモデル位置の選択

モデル位置には

  • フロントからオフセット
  • 中心
  • バックからオフセット

の3種類があります。

固定サイズの円柱を選択してモデル位置選択

フロントからオフセット

モデルと取り代の位相を上面から設定します。

モデル位置を選択して緑枠部のフロントからオフセットを選択します。

3D CAD FUSION360フロントからオフセット

フロントからオフセットを選択したら寸法とオフセットを設定します。

  • 緑枠部にストック直径
  • 橙枠部に長さ
  • 赤枠部にオフセット

を入力します。

固定サイズ円柱の説明

中心

モデルと取り代の位相を中心から設定します。

モデル位置を選択して緑枠部の中心を選択します。

3D CAD FUSION360中心からオフセット

中心を選択したら寸法とオフセットを設定します。

  • 緑枠部にストック直径
  • 橙枠部に長さ

を入力します。
固定サイズ円柱の中心説明
中心から均等に振り分けられます。

バックからオフセット

モデルと取り代の位相を底面から設定します。

モデル位置を選択して緑枠部のバックからオフセットを選択します。

3D CAD FUSION360バックからオフセット

バックからオフセットを選択したら寸法とオフセットを設定します。

  • 緑枠部にストック直径
  • 橙枠部に長さ
  • 赤枠部にオフセット

を入力します。

固定サイズ円柱バックからオフセットの説明

相対サイズ円柱

仕上がり寸法Φ100×20の製品で、
原点の設定はモデルの上面中心にします。

3D CAD FUSION360円のストック設定

緑枠部のストックを選択して
橙枠部のモードを選択します。

3D CAD FUSION360円のストック設定モード選択

モードを選択すると緑枠部にメニューが表示されるので
橙枠部の相対サイズ円柱を選択します。

3D CAD FUSION360相対サイズの円柱を選択

相対サイズ円柱を選択すると入力項目が表示されるので緑枠部に寸法を入力します。
ストックの寸法は赤枠部で確認ができます。

3D CAD FUSION360バックからオフセット入力項目

相対サイズ円柱を選択したら寸法を設定します。

  • 緑枠部に径のオフセット
  • 青枠部に上面のオフセット
  • 赤枠部に底面のオフセット

を入力します。

相対サイズの説明

入力した寸法は下の画像のようになります。

3D CAD FUSION360相対サイズ円柱の説明