図面に色を塗って加工のグループ分けをする作業を紹介します。

すごく簡単な作業ですが、すごく効果は大きいです。
図面をスムーズに読めるようになっても、加工をする種類が多い時には必ずやってほしい作業です。

※図面に色を塗っても平気か確認してから作業してください。

外形寸法に蛍光ペンで色を塗る

外形寸法に色を塗ります。
蛍光ペンは明るい色を使いましょう。

図面外形寸法

穴加工のグループ別にクーピーペンシルで色を塗る

小さい穴から濃い色を使って塗っていきます。
小さい穴は目に入りやすいように、はみ出して塗りましょう。

M3加工を赤色で塗る

穴の内側だけ塗っても目に入ってこないので、はみ出して塗ります。

図面M3加工

M4加工を青色で塗る

図面M4加工

M6加工止まり穴を緑色で貫通穴を茶色で塗る

止まり穴と貫通穴は別グループにします。

M6加工止まり穴

M6加工貫通穴

Φ6.6穴Φ11座加工を橙色で塗る

このくらいの大きさになってくると、薄い色で塗っても目に入りやすくなってきます。

Φ6.6穴Φ11座加工

M16加工を黄緑色で塗る

薄い色は大きい穴で使いましょう。

M16加工

これで作業は終了です。

作業前と作業後の比較

どこにどんなグループがあるか、そのグループの加工指示はどこなのか、わかりやすくなったと思います。

図面の比較

最後に

最初のうちは図面を読む練習にもなります。

色を塗るという作業が増えてしまいますが、空いた時間にでも出来る作業です。
図面を読む速度が上がり、読み間違いも減るのでやってみてください。