ピックテスターの測定子を当てる角度での誤差を機上で測定したので紹介します。

何も気にせずに使っているピックテスターですが使い方によって測定誤差が生じます。
この測定誤差で不良品が出るような事が無いように把握しておきましょう。

ピックテスター(目量0.01mm)の測定子を当てる角度による誤差を機上で測定

測定方法

角度測定器と測定子を目見当で合わせて 0゜10゜20゜30゜40゜の5角度。
その5角度で 0.05mm 0.1mm 0.15mm 0.2mm 0.25mm 0.3mm の6距離を測定。

0゜で誤差を測定

ピックテスト0度で誤差測定

0゜で0.05mmを測定

測定誤差0.001mm

0゜で0.1mmを測定

測定誤差0.002mm

0゜で0.15mmを測定

測定誤差0.003mm

0゜で0.2mmを測定

測定誤差0.003mm

0゜で0.25mmを測定

測定誤差0.004mm

0゜で0.3mmを測定

測定誤差0.005mm

10゜で誤差を測定

ピックテスト10度で誤差測定

10゜で0.05mmを測定

測定誤差0.001mm

10゜で0.1mmを測定

測定誤差0.002mm

10゜で0.15mmを測定

測定誤差0.003mm

10゜で0.2mmを測定

測定誤差0.003mm

10゜で0.25mmを測定

測定誤差0.005mm

10゜で0.3mmを測定

測定誤差0.004mm

20゜で誤差を測定

ピックテスト20度で誤差測定

20゜で0.05mmを測定

測定誤差0.001mm

20゜で0.1mmを測定

測定誤差無し

20゜で0.15mmを測定

測定誤差0.001mm

20゜で0.2mmを測定

測定誤差0.002mm

20゜で0.25mmを測定

測定誤差0.002mm

20゜で0.3mmを測定

測定誤差0.004mm

30゜で誤差を測定

ピックテスト30度で誤差測定

30゜で0.05mmを測定

測定誤差0.003mm

30゜で0.1mmを測定

測定誤差0.007mm

30゜で0.15mmを測定

測定誤差0.011mm

30゜で0.2mmを測定

測定誤差0.015mm

30゜で0.25mmを測定

測定誤差0.018mm

30゜で0.3mmを測定
測定誤差0.023mm

40゜で誤差を測定

ピックテスト40度で誤差測定

40゜で0.05mmを測定

測定誤差0.005mm

40゜で0.1mmを測定

測定誤差0.015mm

40゜で0.15mmを測定

測定誤差0.022mm

40゜で0.2mmを測定

測定誤差0.031mm

40゜で0.25mmを測定

測定誤差0.038mm

40゜で0.3mmを測定

測定誤差0.046mm

測定結果

0.05mm 0.1mm 0.15mm 0.2mm 0.25mm 0.3mm
0゜ 0.001mm 0.002mm 0.003mm 0.003mm 0.004mm 0.005mm
10゜ 0.001mm 0.002mm 0.003mm 0.003mm 0.005mm 0.004mm
20゜ 0.001mm 0mm 0.001mm 0.002mm 0.002mm 0.004mm
30゜ 0.003mm 0.007mm 0.011mm 0.015mm 0.018mm 0.023mm
40゜ 0.005mm 0.015mm 0.022mm 0.031mm 0.038mm 0.046mm

ブロックゲージを使って0.1mmの段差を作り40゜で段差を測定

0.1mmの段差を測定すると0.115mm

40゜で0.1の段差

機械を動かして目盛を0に合わせると0.098mm

段差の誤差0.002㎜

傾きが大きくても機械の移動量で測定すると誤差が少ないですね。

最後に

測定子の傾きが大きい場合テスターの目盛を読むのは危険です。

測定子を傾けずに測定するのが難しい場合は、テスターの目盛を読まず相対座標を0にして、テスターの目盛を0の位置まで機械を移動させて機械の移動量で測定しましょう。

測定誤差がある状態で加工してしまうのは良くない事ですが、測定に時間を掛けすぎるのも良くありません。

加工内容、測定誤差を把握してその状況に合った測定をしましょう。