太陽工機のCNC立形研削盤 VERTICAL MATE 85を使って電源を入れる作業と電源の切る作業を紹介します。

機械電源投入作業

機械の操作盤から見て機械の裏側にあるブレーカーを右に回して電源を入れます。

VERTICAL MATE 85ブレーカー

機械の正面側に戻り、画像左上の赤丸部 操作盤のNC電源を押してNCでNC電源を入れます。

NC電源ON

NC電源が入りコンピューターが立ち上がるまで少し待ち(約1分)、注意書きを読んだ後に赤丸部の F2 確認 を押す。

NC電源ON後確認ボタン

赤丸部 非常停止ボタンを回して非常停止状態を解除
(右回しでも左回しでも解除できます)
黄丸部 NC電源を押してアラームを解除

非常停止解除後NC電源

画像右下 赤文字部 インターロックのカギを左に回し、ドアを開閉すると
画像左上 黄丸部 NC電源のボタンが点灯します。

インターロックを左に回す

これで電源の投入が完了になります。

今回作業で紹介した機械は原点の位置を記憶している機械なので原点復帰の作業をして機械に原点の位置を教える作業はありませんが、原点復帰の作業が必要な機械は原点復帰の作業を忘れないように注意。

電源遮断作業

どんな状況でも電源を切る作業は出来ますが、加工、編集、機内の清掃が終わった状態で、各軸は機械原点など安全な位置へ移動します。
非常停止ボタンを押して機械の動力を落とし、安全確認をしてから電源を切ります。

赤丸部 非常停止ボタンを押して動力を落とし安全確認をします。

非常停止ボタンを押す

赤丸部 緑の電気が消灯
青枠部 - -EMG- -の点灯を確認して
黄丸部 NC電源切ボタンを押して電源を切ります。

非常停止ボタンを押した後

NC電源切ボタンを押して電源を切ると、機械内部からエアーの抜ける音がするのでエアーの抜ける音を確認します。エアーの抜ける音を確認したら、機械の操作盤から見て機械の裏側にあるブレーカーを左に回して電源を切って電源遮断の作業は終了になります。

ブレーカーを切る

最後に

毎日行う簡単作業なので、だんだんと無意識での作業になり、電源を落とすだけの作業なのに事故を起こす事もあります。
特に電源を落とす時は作業終了後になるので疲れていたり、帰宅時間に近いこともあり気が緩みます。

実際に自分の身の回りでも人身ではないですが電源投入、電源遮断での事故があります。
続きは後程投稿しますm(_ _)m