マシニングセンターNV7000に付加軸インデックスを取り付ける作業を紹介します。

付加軸インデックスの取り付け、パラメータの変更など大変ですが、使えるようになると加工の幅が広がります。

最初のうちは面倒くさかったり、操作に不安だと思いますが、慣れてしまうと簡単な作業です。
触れる機会がある時は、積極的に触って出来る作業を増やしましょう。

芯出しなどの作業はこちらを参考にしてください。


インデックスの取り付け作業

インデックスを乗せやすい位置にベッドを移動します。

ベッドの端に取り付けて、空いたスペースで別の加工も出来るようにしましょう。

NV7000ベッド

乗せる作業は、バイスの取り付けと同じく、マシニングセンターのベッド、インデックスのベッドとの接地面を綺麗にしてから乗せましょう。

乗せる作業が終わったら電源を落とします。

マシニングセンター側ケーブル接続部のキャップを外して赤丸部の位置決め用の溝位置を確認します。

ケーブル接続部

インデックス側の接続部です。
接続する前にマシニングセンター側、インデックス側、共に綺麗にしましょう。

ケーブル溝位置確認

インデックスケーブル溝位置

パラメータの設定

非常停止ボタンを押した状態で電源を入れます。

NV7000操作盤

操作盤の左上の緑色のボタンを押して電源を入れます。

NV7000電源

操作できるまで数十秒かかります。
注意事項を確認して赤丸部のF2を押します。

NV7000安全確認

NV7000のキーボードです。

NV7000キーボード

赤丸部のセッティングを押します。

NV7000セッティング

セッティングの画面になります。
赤丸部のパラメータ(F5)を押します。

NV7000パラメータ

赤丸部のセッティング(F6)を押します。

NV7000セッティング画面

赤枠部のNCパラメータ書き込みでキーボードの右カーソルを押します。

NV7000書き込み不可

NCアラーム画面に切り替わります。
(パラメータの編集ができる状態になりました)
NV7000書き込み可能

赤丸部のセッティングを押します。

NV7000セッティング

セッティングの画面になります。
キーボードで、9、5、エンターの順で押します。

NV7000戻り

PMCPRMの画面になります。
赤丸部のD(F4)を押します。

NV7000D画面

キーボードで、5、4、エンターの順で押します。
Dの横の数値が54になったのを確認して、右カーソルを押して赤丸部の1番に合わせます。

NV700D1

1、エンターの順で押して1に変更します。

NV700D1に変更

赤丸部の保守を押します。

NV7000保守

入出力画面になります。
赤丸部のNCシステム(F3)を押します。

NV7000NCシステム

パラメータ画面になります。
キーボードの下カーソルを押して赤枠部00012のAに合わせます。

NV7000パラメータ

Aの行が全部選択された状態なので、キーボードの右カーソルを押して一番左に合わせます。

00012のA

00012のAの一番左で0、エンターの順で押して0に変更します。

キーボードの次ページを6回押してサーボ関係のページにします。
キーボードの下カーソルを押して赤枠部01005のAに合わせます。

01005のAの一番左で0、エンターの順で押して0に変更します。

キーボードの次ページを46回押して軸制御/設定単位のページにします。
キーボードの下カーソルを押して赤枠部02009のAに合わせます。

02009のAの一番右で0、エンターの順で押して0に変更します。

赤丸部のセッティングを押します。

NV7000セッティング

赤丸部の戻りを押します。

赤丸部のセッティング(F6)を押します。

NV7000セッティング画面

赤枠部のNCパラメータ書き込みでキーボードの左カーソルを押します。

パラメータ書き込み不可

これでパラメータの変更作業は終了です。
NC電源を落として、ブレーカーも落とします。

電源を入れて原点復帰の作業

ブレーカーを落として数秒たってから、ブレーカーを上げて、非常停止を解除して電源を入れます。

赤枠部のボタンを押してハンドル操作にします。
黄枠部のクランプボタンを押して、インデックスをアンクランプ状態にします。

nv7000操作盤

A軸をマイナス方向へ20度動かします。

A軸をマイナス20度へ移動

赤枠部の原点復帰ボタンを押して、黄枠部の+Aボタンを押してA軸を原点復帰します。

A軸を原点復帰作業

これで、付加軸インデックスの取り付け作業は終了です。

最後に

このページを見ると長く感じてしまいますが、パラメータの編集は10分も掛かりません。

パラメータの編集を教わる時はメモだけでなく、写真や動画で保存しておきましょう。