簡単な加工をするのに必要なGコードを紹介します。

簡単な加工なら7個のGコードを使うだけで加工出来るので、G00からG99まであるGコードを全部覚える必要ありません。
簡単な加工に必要な7個のGコードを簡単に書いていきます。

簡単な加工に必要なGコード7選

G00 位置決め(早送り)

Gコード 意味 使い方
G00 位置決め(早送り) G00 X_ Y_
G00 Z_

現在の位置からX、Y、Z、で指令された位置まで早送り速度で移動します。
工具交換後ワークへのアプローチ、次加工位置への移動、ワークからツールを逃がす時などに使います。

  • 早送り速度は機械によって違います。
  • 早送り速度は操作盤の早送りオーバーライドで調整ができます。
  • 機能はモーダルで省略ができます。
  • 複数の軸を同時に指令した場合、各軸が最短で移動するので移動経路は直線になりません。
  • Z軸の指令はX、Y軸と別に指令すると安全です。

G01 直線補間(切削送り)

Gコード 意味 使い方
G01 直線補間(切削送り) G01 X_ Y_ F_
G01 Z_ F_

現在の位置からX、Y、Z、で指令された位置まで直線で移動します。
切削や、早送りではアプローチが危険な時などに使います。

  • 送り速度をFで指令が必要です。
  • 送り速度は操作盤の送りオーバーライドで調整ができます。
  • 機能はモーダルで省略ができます。

G54 ワーク座標系の選択

Gコード 意味 使い方
G54 ワーク座標系の選択 G54 G90 G00 X_ Y_

取り付けたワークの基準点をG54に設定します。
機械原点からプログラム原点(ワークの基準点)までの距離を、ワーク座標系G54に設定する作業が必要です。
そしてプログラム上でG54を選択します。

ワーク座標系の設定方法はこちらの記事をご覧ください。

G81 ドリルサイクル(もみつけ)

Gコード 意味 使い方
G81 ドリルサイクル(もみつけ) G81 R_ Z_ K0 F_
X_ Y_
X_ Y_
G80

もみつけ加工に使います。

  • Rで指令した位置へ早送りで移動(アプローチ点)
  • Zで指令した位置へFで指令した速度で移動(加工点)
  • Kで繰り返し回数を指令(K0と指令する事で、このブロックでは加工動作をしなくなります)
  • FでR点からZ点までの速度を指令

G83 ドリルサイクル(深穴)

Gコード 意味 使い方
G83 ドリルサイクル(深穴) G83 R_ Z_ Q_ K0 F_
X_ Y_
X_ Y_
G80

深穴加工に使います。

  • Rで指令した位置へ早送りで移動(アプローチ点)
  • Zで指令した位置へQで指令した切り込み量、Fで指令した速度で移動(加工点)
  • Qで切り込み量を指令
  • Kで繰り返し回数を指令(K0と指令する事で、このブロックでは加工動作をしなくなります)
  • FでR点からZ点までの速度を指令

G84 タッピングサイクル(右ネジ)

Gコード 意味 使い方
G84 タッピングサイクル(右ネジ) G84 R_ Z_ K0 F_
X_ Y_
X_ Y_
G80

タップホルダーを使った右ネジタップ加工に使います。

  • Rで指令した位置へ早送りで移動(アプローチ点)
  • Zで指令した位置へFで指令した速度で移動(加工点)
  • Kで繰り返し回数を指令(K0と指令する事で、このブロックでは加工動作をしなくなります)
  • FでR点からZ点までの速度を指令(送り速度は回転数×ネジピッチ)

G90 アブソリュート指令

Gコード 意味 使い方
G90 アブソリュート指令 G90 G00 X_ Y_

加工原点からの距離と方向での移動を指令します。

  • 機能はモーダルで省略ができます。

最後に

Gコード7個と言っても使い方まで覚えるのは少し大変です。
最初のうちはメモなどに書いておいて、メモを見ながらプログラムの作成をしましょう。